カートの確認 メンバー登録 ・ログイン ご利用案内 お問い合せ 商品レビュー・評価 サイトマップ
RSS

ボディーに刺さった鉄粉の落とし方/QMIグラスシーラントタイプTに最適なコーティングの重ね塗り/スクラッチシールド塗装の傷を消す方法



  【質問】 茶色い鉄粉残りはイージスで落ちますか?

     鉄粉除去剤で鉄粉をとり、それでもザラザラしているものは爪でとりました。
     表面のザラザラは無くなりましたが、茶色いシミが少し残っています。
     (これは除去剤でひとつひとつ狙えば消えるようです)
     このシミはクリーナーコーティングイージスで消すことは可能ですか?

  【回答】 ハイパーネンダーが確実です。

     鉄粉除去剤で、残った茶色いシミが反応するとのことですので、
     おそらく塗装の深部にまで食い込んだ鉄粉だと思います。

     鉄粉除去剤をスプレーし、とれやすい状態にした後、水で洗い流し、
     そこにご質問のイージスを、マイクロファイバークロスに付けて施工すれば、
     除去ができるかもしれません。

     イージスで下地を整えながら、マイクロファイバークロスで絡めとるようなイメージです
     (鉄粉自体はイージスで分解できません。)
     なお、確実な除去方法は、やはりハイパーネンダーになります。
     以上です。よろしくご検討ください。


  【質問】 QMIグラスシーラントタイプTに最適なトップコーティングとは…

     この度、QMIグラスシーラントタイプT施工済みの新車を納車予定です。
     トップコートとしてイージスゼウスβを施工したいのですが可能ですか?
     効果は如何なものでしょうか?

     その際パーフェクトシャンプースーパークリンシャンプーの選択など
     教えていただけますか?

  【回答】 ゼウス、またはゼウスβがオススメです。

     納車直後の新車を、極限まで輝かせるという意味では、
     イージスゼウスβの施工は、非常に高い効果を発揮すると思います。

     しかし、ベースコーティングが施工されていること、
     そして、納車直後の新車であり下地が整っていること。。
     この2点を考慮すると、、
     イージスの施工はお控えになられたほうが良いかもしれません。

     一旦、ゼウスゼウスβをトップコーティングに施工され、
     その後のコーティングメンテナンスに、イージスコンディショナー
     組み合わされると良いと思います。

     深い艶・光沢・輝きを重視されるのであれば、ゼウスの施工をおすすめさせていただきます。
     トップコーティング前の洗車は、パーフェクトシャンプーが最適です。
     以上、参考になさってください。


  【質問】 スクラッチシールド塗装の傷を消すには…

     お世話になっております。
     スクラッチシールド塗装の車に乗っているのですが、
     洗車キズが目立つようになってきたので、なんとかしたいのですが。
     御社の、ミラーフィニッシュエクストラカットも所持しているのですが、
     やはり、使用しないほうがいいのでしょうか?
     お忙しいところ、お手数をおかけいたしますが、宜しくお願い致します。

  【回答】 エクストラカットとミラーフィニッシュが最適です。

     まず、スクラッチシールドは、エクストラカットミラーフィニッシュ
     磨くことができます。塗装をガンガン削るようなコンパウンドではありませんので、
     スクラッチシールド磨きには適していると思います。
     ※プロの方にも実際にご使用いただいています。

     スクラッチシールドは、薄い洗車キズが熱によって復元するとされる塗装です。
     実際に軽い拭きキズであれば、45℃程度であっという間に復元します。
     このような特殊な塗装に付いてしまった深いキズは、
     じつは通常のクリヤーに比べて、磨きが難しいとされています。

     スクラッチシールドの磨きのポイントを2点ご紹介します。

     1、スクラッチシールドは、通常のクリヤー塗装に比べて磨きの
       時間が倍以上かかります。塗装の分子構造が細かく、しかも柔軟なので、
       ながなか磨けません(キズが消えないということ)。
       ※だからといって、粗い粒子のコンパウンドを使うと、コンパウンドで
        付けたキズがとれなくなってしまうことがあります。
       時間をかけてじっくり磨く必要があります。

     2、しかも、いったん消えたと思ったキズは、
       完全に磨ききれていない場合は、ボディーの表面に45℃程度の熱が加わると、
       消えたはずのキズが元に戻ってしまう場合があります。
       キズが消えたと思った瞬間で磨きをやめるのではなく、
       もうしばらく磨くことで、完全に磨ききることができます。

     まずは、ミラーフィニッシュで磨いてみて、
     どの程度キズが消えるか確認をされると良いと思います。
     磨けているかどうかのチェックは、直射日光に数時間あてたあとが良いです。

     結果をみて、エクストラカットもお試しになると良いと思います。
     スクラッチシールド磨きのポイントは、
     「超微粒のコンパウンドでじっくり時間をかけてしっかり磨く!!」
     これがポイントだと思います。参考になさってください。


ページトップへ