カートの確認 メンバー登録 ・ログイン ご利用案内 お問い合せ 商品レビュー・評価 サイトマップ
RSS

【虫汚れ・鳥フン汚れ専用クリーナー】 車のボディについた虫の死骸や鳥フン、花粉などのタンパク質汚れを落とす!『虫汚れ・鳥ふんクリーナー』




虫汚れ・鳥ふんクリーナーでムシの死骸や鳥フンを落とし、艶やかに輝いてその存在を際立たせるメルセデスベンツ・Cクラスクーペ

『虫汚れ・鳥ふんクリーナー』でムシの死骸や汚れを落とせば、こんなにスッキリ美しく!



スペーサー

虫汚れ・鳥フン・花粉をキレイに落とす!

スペーサー

こびりついた汚れにも洗浄成分がしっかり浸透して除去!

スペーサー

【 虫汚れ・鳥ふんクリーナー 】



(※ サイズの小さな画像はクリックすると拡大します)


【 クロスで一拭き!クイック施工の実例 】


虫の死骸などの虫汚れがもっとも目立ってしまう場所の1つが白いナンバープレート。付着した虫汚れが愛車の美しさを損なってしまいます

虫の死骸できたなく汚れた残念なナンバープレート







右向き矢印ブルー
こんな時にも大活躍なのが虫汚れ・鳥フン一発クリーナー。洗車もすることなく嫌な虫の死骸や鳥フンをサッと落として愛車を美しく保てます

サッと一拭きするだけで見違えるほどキレイに!


春から秋にかけて高速道路や郊外の道を走らせればフロンドバンパーなど愛車のフロント部分は常に虫の死骸などのムシ汚れにさらされます

濃色車だとあまり目立ちませんが多数の虫の死骸が







右向き矢印ブルー
虫汚れや鳥フンがついた時にはなるべく早く洗車して落とすのがベストですがスグにできない時には虫汚れ・鳥フン一発クリーナーが最適です

虫の死骸や汚れだけが効果的に落ちてピッカピカ!




スペーサー

▶ 虫の死骸や鳥フン・花粉の汚れについて

   ボディやガラス等に付着した虫の死骸や鳥フン・花粉は、そのままにしておくとタンパク質が
   酸化して固着してしまいます。(さらに、鳥フンにはもともと酸(尿酸)が非常に多く混じっています)

   こうなると通常の洗車だけでは落としにくくなるのはもちろん、酸化した汚れや体液等が
   塗装面に浸透し、シミや塗装の劣化といった重大なダメージの原因ともなります。

スペーサー

▶ 虫汚れ・鳥フン専用クリーナーの効果

   この『虫汚れ・鳥ふんクリーナー』は、ボディやガラス等に付着した
   虫の死骸や鳥フン・花粉に含まれるタンパク質に効果的に作用します。

   洗浄成分が汚れを包み込むように浸透し、汚れをやわらかくして浮かし・落とすことのできる、
   専門店向けに開発された極めて除去力に優れた専用クリーナーです。

スペーサー



乾いてこびりついた汚れにも効く!落とす!

虫汚れ・鳥ふんクリーナー ⇒ コチラ




■ クロスで拭き上げるだけ!【 クイック施工方法 】


  お出かけ前やドライブの後に、虫汚れや鳥フンだけでもサッと落としておきたい時に最適!

スペーサー

  クロスやタオルを3枚用意して、気になる汚れをキレイにしておきましょう!



高速道路を走行して虫の死骸などムシ汚れがついたメルセデスベンツ・cクラスクーペのフロントバンパーやナンバープレートやヘッドライト

高速道路をドライブして虫の汚れがビッシリついたフロント部分

スペーサー
下向きの大きな青い矢印

虫の死骸などムシ汚れや鳥フンなどの除去に最適な虫汚れ・鳥フン一発クリーナーを軽く絞ったマイクロファイバークロスに適量たらします

【1】 たっぷりの水で濡らして、滴らない程度に絞ったクロスに線を引くようにたらします

スペーサー
下向きの大きな青い矢印

車のボディやガラスなどに付着した虫汚れや鳥フンに軽くなじませるようにやさしく拭き上げてムシの死骸や鳥フンを拭き取ります

【2】 汚れに "なじませるように" して、ムシの死骸や鳥フンをやさしく拭き取ります

( ※ このあと水をかけてシャンプー洗車に移行するのも非常に効果的!)

スペーサー
下向きの大きな青い矢印

濡らしてゆるく絞った別のきれいなマイクロファイバークロスで同じ場所をやさしく水拭きし残ったクリーナー成分を拭き取ります

【3】 スグにたっぷり水を含ませた別のクロスで水拭きし、残った洗浄成分を拭き取ります

スペーサー
下向きの大きな青い矢印

最後に虫や鳥フンが落ちたことを確認しながらボディやガラスに残った水滴や拭きスジを乾いたマイクロファイバークロスで拭き上げます

【4】 最後に汚れ落ちを確認しながら乾いたクロスでやさしく拭き上げて完成です

スペーサー
下向きの大きな青い矢印

メルセデスベンツ・cクラスのフロントバンパーやナンバープレートやヘッドライトに付着した虫の死骸などの汚れはキレイに除去されました

女性や初めての方でも、気になる虫汚れ・鳥フンをカンタンに落としてピッカピカ!

スペーサー

             クイック施工は効果的ではありますが、定期的な洗車を前提とした、
              一時的な施工方法です。
              虫や鳥フンの汚れにクイック施工だけで繰り返し対処するのではなく、
              定期的に洗車も行ってメンテナンスされることをおすすめします。



■ 洗車も一緒にすればベスト!【 通常の施工方法 】


  洗車の前にチョットしたひと手間を加えれば、ガンコにこびりついた虫汚れ・鳥フンもあっさり除去。

スペーサー

  洗車スポンジでゴシゴシこする必要も、傷をつける心配もありません!



虫汚れ・鳥フン除去と洗車を一緒に行う場合は、最初に虫汚れや鳥フンを落とすため、濡らして軽く絞った洗車スポンジに適量たらします

(1) 洗車スポンジで施工する場合も、スポンジに多めに水を含ませ、線を引くように適量たらします






スペーサー
虫の死骸や鳥フンで汚れた場所に水をかけ、虫汚れ・鳥フンクリーナーを含ませた洗車スポンジで汚れになじませるようにやさしく滑らせます

(2) 汚れた箇所に勢いよく水をかけた後、スポンジの洗浄成分を汚れになじませるように滑らせます


クリーナーを含ませた洗車スポンジで虫汚れや鳥フン汚れが落ちたら、スグに水をかけて残った汚れとクリーナー成分を流します

(3) ある程度ムシの死骸や鳥フンが落ちたら、スグに水をかけて残った洗浄成分と汚れを流します






スペーサー
洗車スポンジについた虫等の汚れも水で流してから、そのままカーシャンプーで普通にシャンプー洗車をして汚れを落とします

(4) スポンジについた虫等の汚れも水で流し、そのまま通常のシャンプー洗車を行って汚れを落とします




虫・鳥糞・花粉に浸透して落とす!

虫汚れ・鳥ふんクリーナーはコチラ



ページトップへ