カートの確認 メンバー登録 ・ログイン ご利用案内 お問い合せ 商品レビュー・評価 サイトマップ
車のコーティングならハイブリッドナノガラス/クルーズジャパンの公式サイト【本店サイト】ロゴ
車のコーティング剤・洗車お手入れ用品なら
17周年のハイブリッドナノガラス/クルーズジャパン
今の時期に使いたい人気 評判のコーティング剤 カークリーナー カーシャンプー 等タイムリーな注目のカーケア用品を特集してご紹介 愛車を美ししく守るハイブリッドナノガラスのボディコーティング剤。スーパーゼウス等のゼウスシリーズや硬化系コーティング剤をご紹介 イオンデポジットやウォータースポット等のシミを落とす人気のコーティングコンディショナー等のカークリーナーやカーシャンプーをご紹介 ブレーキダストの多い輸入車のアルミホイールやタイヤの美しさを守る、プロ用ホイールコーティング剤やタイヤコーティング剤をご紹介
当店で人気や評価の高いおすすめのコーティング剤やカーシャンプー・カークリーナーをお得なセット商品にしたコーティングセットをご紹介 人気の高いコーティングセット商品やコーティング剤等の送料無料商品や期間限定で全国送料無料となるおすすめのカーケア用品をご紹介 車のフロントガラスにぜひ施工しておきたいウィンドウガラス撥水コーティングをご紹介。梅雨や台風・雪の時期などの安全運転に必須です 愛車のボディについたキズ消しやカークリーナーで落ちないくすみや水垢、シミ・イオンデポジット等を落とすコンパウンド・研磨剤をご紹介
洗車やコーティングの拭き上げや洗車に最適なクロス・タオルをご紹介。プロショップでも使われる本物のマイクロファイバークロスです 内容量が2リットルもある業務用大容量商品をご紹介。鉄粉除去剤やアルカリシャンプー、脱脂剤、高濃度カーシャンプーから選び下さい 雨ジミ・イオンデポジット除去 油膜取り 鉄粉除去 虫・鳥フン除去 ヘッドライトケア 各種コーティング剤施工方法  等カーケア紹介 コーティング剤 カークリーナー 評価 評判 お客様の洗車・コーティング等の施工例をお客様から頂戴した画像・コメントでご紹介
カテゴリー・商品検索/お気に入り商品 (※サイドバー)
洗車お手入れやコーティングの初心者でも熟練者でも大満足のペースト状ポリマーコーティング剤/ナノチューブなら誰でも激艶・激撥水! 車のボディに付いた雨ジミ・水垢・固着汚れを落とし高品質なコーティング被膜を形成。新車時の輝きを復活させるクリーナーコーティング剤
大雨・豪雨や台風から愛車の視界を守る!フロントガラスなど車の窓ガラスの視界改善は安全・安心な運転に直結!プロ用ガラスケアで今スグ 【ガラスの油膜・水垢・ ウロコ取り専用クリーナー】洗車で落ちないガラスの油膜・水垢・ウロコを一撃で除去/最強ガラスクリーナー

硬化系コーティングの下地にコーティング/コーティング被膜硬化中の埃(ほこり)や雨(水)


【質問】 W-SHIELDをより完璧に施工するには…

     下地処理の際にイージスとゼウスをプラスすることはW-SHIELDに
     影響を及ぼすレベルでしょうか?どうせなら完璧に仕上げたいと思っているのですが、
     効果が薄いのであればやめとこうかとも考えております。

【回答】 塗装のキズや汚れを取り除いてから施工してください。

     W-SHIELDは被膜硬化型コーティングですので、
     下地を十分に整えることが重要です。
     コーティング類ではなく、純粋に塗装のキズや汚れを除去すると良いです。
     鉄粉や細かい部分の汚れの除去、コンパウンド磨きなどをご検討ください。

     W-SHIELDを完全施工後に、さまざまなアレンジが可能かと思います。
     ツヤ・光沢・撥水性能などをご確認されてから、
     さらにゼウスなどを施工されてはいかがでしょうか!
     まずは、基本どおりの施工をされることをおすすめいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【質問】 W-SHIELD硬化途中のホコリは大丈夫ですか?

     当方街中の青空駐車のため、長時間乾燥させているとホコリ等が・・・
     その間水はNGとの事みたいですが、二液の前に水拭きぐらいはOK?
     炎天下でもOK?

【回答】 基本的には問題ありません。

     乾燥中にホコリが付着して取れなくなることは基本的にはありません。
     風が強い日などはおすすめしませんが、拭き上げたあとは、汚れが付着する
     ようなことはありませんので、それほど気にされる必要はありません。

     乾燥中の水分は悪影響があります。
     ベースコート施工後、雨にあたることや洗車はお控えください。
     乾燥がある程度終了し、トップコートを施工する前に付着した汚れを洗い流してください。

     ベースコートを施工される時は、直射日光をさけられたほうが良いです。
     ボディーが熱い状態では、スポンジの滑りが悪くなるだけでなく硬化が早くなりすぎて
     施工の難易度が上がってしまいます。
     施工後は、直射日光にて硬化させると硬化が早まり、早く安定した状態になります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ページトップへ