カートの確認 メンバー登録 ・ログイン ご利用案内 お問い合せ 商品レビュー・評価 サイトマップ
RSS

硬化系コーティングの下地にコーティング/コーティング被膜硬化中の埃(ほこり)や雨(水)


【質問】 W-SHIELDをより完璧に施工するには…

     下地処理の際にイージスとゼウスをプラスすることはW-SHIELDに
     影響を及ぼすレベルでしょうか?どうせなら完璧に仕上げたいと思っているのですが、
     効果が薄いのであればやめとこうかとも考えております。

【回答】 塗装のキズや汚れを取り除いてから施工してください。

     W-SHIELDは被膜硬化型コーティングですので、
     下地を十分に整えることが重要です。
     コーティング類ではなく、純粋に塗装のキズや汚れを除去すると良いです。
     鉄粉や細かい部分の汚れの除去、コンパウンド磨きなどをご検討ください。

     W-SHIELDを完全施工後に、さまざまなアレンジが可能かと思います。
     ツヤ・光沢・撥水性能などをご確認されてから、
     さらにゼウスなどを施工されてはいかがでしょうか!
     まずは、基本どおりの施工をされることをおすすめいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【質問】 W-SHIELD硬化途中のホコリは大丈夫ですか?

     当方街中の青空駐車のため、長時間乾燥させているとホコリ等が・・・
     その間水はNGとの事みたいですが、二液の前に水拭きぐらいはOK?
     炎天下でもOK?

【回答】 基本的には問題ありません。

     乾燥中にホコリが付着して取れなくなることは基本的にはありません。
     風が強い日などはおすすめしませんが、拭き上げたあとは、汚れが付着する
     ようなことはありませんので、それほど気にされる必要はありません。

     乾燥中の水分は悪影響があります。
     ベースコート施工後、雨にあたることや洗車はお控えください。
     乾燥がある程度終了し、トップコートを施工する前に付着した汚れを洗い流してください。

     ベースコートを施工される時は、直射日光をさけられたほうが良いです。
     ボディーが熱い状態では、スポンジの滑りが悪くなるだけでなく硬化が早くなりすぎて
     施工の難易度が上がってしまいます。
     施工後は、直射日光にて硬化させると硬化が早まり、早く安定した状態になります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ページトップへ