カートの確認 メンバー登録 ・ログイン ご利用案内 お問い合せ 商品レビュー・評価 サイトマップ
RSS

新車、塗装の薄い傷を自分で直す/強く擦ってできた拭き傷の対処/コンパウンド研磨で塗装を削って大丈夫


【質問】 強くこすったキズは、どうすれば…?

       コーティングコンディショナーで強く擦ってしまい、傷がついてしまいました。
      何か対処方法はありますか?

【回答】 まずは、キズの状態を判断しましょう。

      コーティングコンディショナーには、研磨粒子を含んでいませんので、
      コーティングコンディショナー自体で塗装にキズを付けることは考えづらいです。
      マイクロファイバータオルの縁や、タグの部分で強くこすられたのか、
      塗装上に残った異物や、固着した汚れを引きずった可能性がありますね。

      又は、キズではなく拭き上げたスジでココーティングコンディショナーが固まっている
      可能性があります。拭きスジがキズに見えているだけの場合は、
      スーパークリンシャンプーマイクロファイバータオルで除去できます。
      お客様にお買い求めいただきましたメンテナンスシャンプーと、
      マイクロファイバータオルでも除去することができます。

      硬い異物で擦ってしまった場合は、深いキズになっている場合が多く、
      コーティングコンディショナーマイクロファイバータオルだけでのキズの場合は、
      薄い拭きキズだと考えられます。

      いずれにしてもキズになっている場合は、コンパウンドで磨く必要があります。

      薄いキズであれば、ミラーフィニッシュだけで除去できます。
      深いキズになってしまった場合は、エクストラカットがお奨めです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【質問】 塗装の線キズ対応について…?

     お世話になります。塗装のキズについて教えてください。

     前のドアから、後ろのドアにかけて薄く傷がついています・・・。
     キズは、鍵などで線をひいたような感じです。
     新車で購入したばかりです。自分で直すことは可能でしょうか?

     可能であれば、どの商品を購入したらよろしいでしょうか?
     ちなみに、車はセレナ(白)です。

【回答】 キズが浅ければエクストラカットで対応可能です。

     ご購入されたばかりの新車に、線キズとは…残念ですね。
     線キズの場合は、コーティングで埋めて隠れるということは期待できません。
     コンパウンドで磨いてキズを消すという方法になります。

     コンパウンドで磨いて対応できるキズは、ある程度までの浅いキズです。
     深いキズはタッチアップペイントか、再度塗装をするしかありません。
     新型セレナの白はホワイトパールですので、、、
     色(白+パール)塗装の上に、クリヤー塗装があります。
     キズの深さがクリヤー塗装だけ(色の部分にまで達していない)状態であれば、
     コンパウンドで磨いて対応が可能です。

     ご自分でチェックされる目安としては、
     爪が完全にひっかかってしまう状態であれば、かなり深いキズです。
     つまり、コンパウンド磨きでの対応が出来ない状態です。

     ・爪が軽くあたる程度であれば、完全にキズが無くなることはありませんが、
      コンパウンドで磨くと、かなり目立たなくなると思います。

     ・爪がひっかからない場合は、コンパウンド磨きで全く分からない状態になります。

     線キズに最適なコンパウンドは、当店のエクストラカットです。
     磨き用にパワースポンジマイクロファイバータオルがあると最適です。
     ぜひ、ご参考になさってください。       


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【質問】 コンパウンド磨きで塗装は無くなりませんか…?

     エクストラカットは研磨をするので、少なからず表面を削るわけですよね。
     そうなると、8年たっているので日焼け以外の所でもしかしたら
     薄い塗装面があった場合、削ってしまって大丈夫か少々心配をしておりまして。

     削ると言っても、ものすごい薄いレベルだと思うので大丈夫だとは思うのですが。
     お手数ですが、教えて頂けますと助かります。

【回答】 手磨きで塗装が無くなるようなことはありません。

     コンパウンドは、お客さまがおっしゃるように塗装(クリヤー部分)を削ります。
     しかし、研磨は極微量なのでスポンジを使った手磨きでは、塗装(クリヤー)が
     無くなってしまうことは、よほどのことが無い限り考えられません。

     お客さまの愛車の状態は、前回のご質問に対する回答にもお書きしたように、
     一部のクリヤーがはがれているのではないかと思われます。
     その他の部分においても、ダメージを受けている可能性が高いですので、
     「コンパウンドで磨いた場合、クリヤーが無くなる…」可能性は考えられます。     


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ページトップへ