カートの確認 メンバー登録 ・ログイン ご利用案内 お問い合せ 商品レビュー・評価 サイトマップ
RSS

古いガラス撥水コーティング剤を落とす/ウィンドウコーティング後、ワイパーがビビる。


【質問】 スーパービュークリアの再施工方法は…?

    スーパービュークリアを再施工する場合はの方法はどうすればよいのですか?
    コンパウンドで古いスーパービュークリアをすべて、落としてから塗りこむのですか?

【回答】 ガラスリフレッシャーでリセットが最適です。

    スーパービュークリアを、二度塗りするように再施工される場合は、
    シャンプーで十分に汚れを洗い流してから、
    再施工していただければ問題ありません。

    ご質問のように古いスーパービュークリアを落とす場合は、
    コーティング以外の固着した汚れも考えられますので、
    一度、ガラスリフレッシャーでリセットしてからの再施工が望ましいです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【質問】 スーパービュークリア後のワイパーのビビリについて…

    スーパービュークリア施工後、ワイパーがスムーズに動かず
    ビビるのですが、対策方法はありますか?
    市販されている「ワイパーブレードに直接塗るシリコン」などを
    使用しても、施工面には差し支えないでしょうか?

【回答】 いくつかの対処方法があります。

    ワイパーブレードにコーティング剤を塗布するのは、有効な対策方法です。
    スーパービュークリアのコーティング被膜には影響ありません。
    国産車であれば、グラファイト系又はシリコン系のワイパーゴム
    に交換する方法もあります。

    ワイパーブレードが新しい場合は、コーティング剤を塗布。
    古い場合は、ワイパーブレードを交換することをお奨めします。

    欧州車の場合、ビビリが発生する場合が多いです。
    欧州ではガラスを撥水させるという概念が無く、ワイパーで完全に水分を
    拭きとるように設計されています。国産車と比較してワイパーのアーム圧が強く、
    ビビリが発生しやすいといわれています。最近のフラットワイパーも関係しているようです。
    ワイパーゴムのコーティングをお試しください。
    どうしてもビビリが直らない場合は、ガラスリフレッシャーでコーティングを落とす必要があります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ページトップへ