カートの確認 メンバー登録 ・ログイン ご利用案内 お問い合せ 商品レビュー・評価 サイトマップ
RSS

高温になる場所(メッキパーツ・マフラー)へのガラスコーティング/ホイールコーティング後のブレーキダスト


【質問】 ホイールコーティング はマフラーにも施工できますか?

     ホイールコーティング を注文しました。
     ホイール以外にも、メッキパーツや、マフラーなどの高熱になる場所への
     施工は大丈夫なのでしょうか・・・?

【回答】 メッキやマフラーにも施工可能です。

     ホイールコーティング をメッキパーツに施工することは可能です。
     しかし、コーティング膜でメッキの質感が若干変化することが考えられます。

     目立たない部分での確認後に、ホイール全体への施工をお奨めします。
     ※理由:クリヤーな硬化膜が1枚追加された状態になり、金属の質感が変化する可能性があるためです。

     マフラーのような高温になる場所にも施工は可能です。
     塗り込み後は、丁寧に拭き上げて仕上げてください。
     高温になる部分では、付着した汚れが熱で瞬間的に焼き付いてしまう可能性があります。
     当然、コーティングをすることにより汚れ落ち性能は向上しますが、
     お客さまのご期待通りの防汚性能になるかは…なんとも申し上げられません。ご了承ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【質問】 ホイールコーティング上のダストについて?

     ホイールコーティングについてお聞きします。
     コーティングを2日前に施工しました。
     本日、ブレーキダストを落とそうと水洗いしましたが、
     ホイル表面にダストが張り付いたような感じで、
     スポンジとマイクロファイバーでダストを擦らないと落ちない状況でしたので
     シャンプーを使い洗浄し、ダストが落ちない所はマイクロファイバータオルで少し擦りました。

     コーティングを厚く塗り過ぎたのか、乾燥する時間が経てばこのままで大丈夫でしょうか?

     現在はダストの取れていない所やコーティングの塗り斑等は無いようです。
     施工はマニュアルの流れ通り、コーティング剤塗布後、直ちに湿らせた
     ペーパータオルでの拭き上げとマイクロファイバータオルで水分の除去を行いました。
     改善方法を教えて下さい。宜しくお願いします。

【回答】 水をかけてコーティングの状態を確認します。

     まず、ホイールコーティングの施工についてですが、
     コーティング剤の塗りこみ後、水拭き・乾拭きで仕上げておられますので
     厚く塗りすぎているということは無いと思います。
     (目で見てあきらかに塗りスジが残っていることも無いようなので…)

     付着したダストですが、水・シャンプーで落ちなかったということからすると、
     完全に硬化する前に、ダストが付着してしまった可能性が考えられます。
     マイクロファイバークロスタオルで擦って汚れが落ちたとのことですが、
     コーティングが完全に硬化していない状態で、強く擦った場合はコーティング被膜に
     ダメージを与えた可能性があります。

     ホイール全体に水をかけて、水の弾きが違う部分が無いか確認して下さい。
     コーティング膜が部分的になくなっていれば、手触り感も違います。
     差異が無ければ、そのままで問題ありません。
     撥水や手触り感の違いがあれば、再度ホイールコーティングの塗りこみをおこなってください。
     汚れの無い状態を確認して、そのまま塗りこんで問題ありません。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ページトップへ