カートの確認 メンバー登録 ・ログイン ご利用案内 お問い合せ 商品レビュー・評価 サイトマップ
RSS

アルミホイール(メッキ加工)に硬化系コーティングを塗りすぎて失敗


【質問】 ホイールコーティングを塗りすぎてしまった。

    先日、ホイールコーティングを購入し、早速施工しました。
    yahooオークションで購入した、ほぼ新品のホイールを、以下の手順で施工しました。

     1.中性シャンプー+スーパークリンシャンプーで洗浄。
     2.完全乾燥させた後、施工し、拭きあげまで完了。
     3.2時間ほどおいて、重ね塗り施工。

    施工後、3日経過したのですが、手で触れるとベタベタする状態です。
    また、メッキ部分の所々に固着(ロウソクのロウのような物)が見られます。
    明らかに塗りすぎたと思われます。
    (タイヤ未装着の状態で、裏側まで施工したのですが、1本全部使ってしまいました。)
    このような場合の対処は、どうするのが一番良いでしょうか?
    アドバイス宜しくお願いします。

【回答】 そのまま硬化させるか、または一旦除去するかの選択になります。

    施工手順は、間違っていませんが、
    お客様のおっしゃる通り、ホイールコーティング剤の塗り過ぎです。
    塗り過ぎていても、拭き上げが十分であれば良かったのですが、
    拭き上げ不十分の状態で、現在は硬化途中(完全硬化に至っていない状態)だと考えられます。

    対処の方法は、2通り考えられます。

    コーティングがしっかり塗りこまれている状態なので、
    そのまま完全に硬化させればホイールコーティングの性能は発揮します。
    その場合は、天気の良い日に直射日光に当てるか、ドライヤーで温風をあてる方法が良いです。

    しかし、
    ホイールの隅ずみに拭きスジなどがある状態ですと、逆にブレーキダストや鉄粉がたまって
    しまいますので、その場合はお奨めできません。
    ロウソクのロウのような物が付着しているのも気になります。

    もうひとつの対処方法は、

    ホイールコーティングを取り除く(リセットする)という選択です。
    コーティングを多量に塗りこんだこと及び、施工から3日経過している
    ことから、かんたんに取り除くことはできません。
    上手く落とすことが出来るか、必ず部分的に確認してから、全体の作業を行ってください。

    まず、ブレーキクリーナー(溶剤)を吹きかけて、マイクロファイバータオルで拭き上げます。
    目視・手触りでコーティングが取れたことを確認してから、
    スーパークリンシャンプーと柔らかいブラシで洗浄してください。
    多量の水ですすぎ洗いをして完成となります。
    ※ブレーキクリーナーやアルカリ性シャンプーが使用可能なホイールかを、
     確認してから除去作業をおこなう必要があります。

    以上が考えられる対応方法です。
    十分に確認をいただき、慎重に対応なさってください。

ページトップへ