カートの確認 メンバー登録 ・ログイン ご利用案内 お問い合せ 商品レビュー・評価 サイトマップ
RSS

ガラス系ポリマー(ファイングロス)のイオンデポジット(雨染み)除去性能/硬化型アルミホイールコーティングの被膜確認/三菱、ウルトラガラスコーティングNEOのデポジットを消す



  【質問】 ファイングロスでデポジットを除去する方法は?

     ゼウスを施行していますが雨あと(イオンデポジット)がついていて
     コーティングコンディショナーを使用していますがなかなかとれません。

     今回ファイングロスを購入したので使用してみようと思いますが
     使用手順や今後のメンテナンスの仕方を教えてください。
     ゼウスコーティングコンディショナーファイングロス、を持っています。

  【回答】 コンディショナーとブレンドしてご使用ください。

     ゼウス施工後の基本的なメンテナンスは、
     コーティングコンディショナーによる拭き上げになります。

     コーティングコンディショナーファイングロスをブレンドし、
     施工することで、さらに艶・光沢性能を向上させることができます。
     ぜひ、今後のメンテナンスでお試しになってください。

     さて、ゼウスの上に固着したデポジットが、
     コーティングコンディショナーで除去ができないとのことですが、、
     シミの状態が変化せず、全く薄くならないような場合は、
     コンパウンド-ミラーフィニッシュで軽く磨いて、
     除去する必要があるかもしれません。

     もし、コンディショナーでシミの状態が薄く変化していくようであれば、
     コンディショナーファイングロスのブレンドした液で、
     メンテナンスを継続していくことにより、少しずつ除去ができると思います。
     ぜひ、洗車メンテナンス時に注目しながら、作業なさってください。


  【質問】 ホイールコートが施工できたか確認する方法は?

     ホイールコートについて。
     先日、施工してみました。薄く延ばすことがコツということで、
     ごく少量のコート材を使用して、刷り込むように行いました。
     しかし、本当に皮膜ができているのか心配です。

     皮膜ができているかどうか確認方法はありますか?
     水を流してもコートする前とほとんど変わらないように見えます。
     宜しくお願いします。

  【回答】 完全硬化後に水の弾きをご確認ください。

     ホイールコーティングは、完全硬化後、水や油脂汚れを弾く性能がでて
     きますので、施工から1週間程度経過後、水洗いをしていただければ、、
     汚れの落ち方、水の弾き・切れ方に変化が確認できると思います。
     ぜひ、次回の洗車時にご確認ください。

     なお、コーティング被膜は、
     塗り込み後、丁寧に拭き上げ一定の膜厚にしますが、、
     強くこすったり、磨くように作業をされると、
     コーティング成分を除去してしまう可能性があります。

     また、汚れやワックスなどの油分が残っている状態で施工をされた場合、
     被膜が定着しないことも考えられます。

     もし、被膜性能が体感できない場合は、
     下地を整えたうえで再度、施工なさってください。
     コーティングを重ねることによる性能向上はあっても、
     低下するようなことは、基本的にはございません。


  【質問】 ウルトラガラスコーティング上のデポジットは除去できますか?

     新車購入時に三菱の「ULTRA GLASS COATING NEO(5年保証)」の施工をしましたが、
     デポジットが付いてしまいました。

     Webでコーティングコンディショナーを知り検討したいのですが、
     コーティングに影響は出ませんか?
     また、洗車場に屋根が無いのですが、日中の直射日光の下で使用しても大丈夫ですか?

  【回答】 コーティングコンディショナーをご使用ください。

     ウルトラグラスコーティングNEOは、
     ポリシラザンを主成分としたコーティングということなので、
     施工から1ヶ月以上が経過している状態ですと、コーティング被膜が
     完全硬化していると思われます。

     基本的には、コーティングコンディショナーをご使用いただいても、
     コーティング被膜にダメージを与えることはありません。

     ただし、強くこするような作業方法はおすすめしていません。
     洗車後のボディーに水が残っている状態で、水滴を拭き上げながら、
     デポジットを除去していただければと思います。

     施工は、必ずしも屋根の下でなくても構いませんが、
     なるべく直射日光を避けられて、ボディーが熱くない状態で施工されることを
     おすすめします。
     コンディショナーの使用に限らず、シャンプー洗車においても同様です。

     まずは、部分的にお試しになり、付着したデポジットが除去できることを
     確認できてから、施工範囲を広めて施工なさってください。




ページトップへ