カートの確認 メンバー登録 ・ログイン ご利用案内 お問い合せ 商品レビュー・評価 サイトマップ
車のコーティングならハイブリッドナノガラス/クルーズジャパンの公式サイト【本店サイト】ロゴ
車のコーティング剤・洗車お手入れ用品なら
17周年のハイブリッドナノガラス/クルーズジャパン
今の時期に使いたい人気 評判のコーティング剤 カークリーナー カーシャンプー 等タイムリーな注目のカーケア用品を特集してご紹介 愛車を美ししく守るハイブリッドナノガラスのボディコーティング剤。スーパーゼウス等のゼウスシリーズや硬化系コーティング剤をご紹介 イオンデポジットやウォータースポット等のシミを落とす人気のコーティングコンディショナー等のカークリーナーやカーシャンプーをご紹介 ブレーキダストの多い輸入車のアルミホイールやタイヤの美しさを守る、プロ用ホイールコーティング剤やタイヤコーティング剤をご紹介
当店で人気や評価の高いおすすめのコーティング剤やカーシャンプー・カークリーナーをお得なセット商品にしたコーティングセットをご紹介 人気の高いコーティングセット商品やコーティング剤等の送料無料商品や期間限定で全国送料無料となるおすすめのカーケア用品をご紹介 車のフロントガラスにぜひ施工しておきたいウィンドウガラス撥水コーティングをご紹介。梅雨や台風・雪の時期などの安全運転に必須です 愛車のボディについたキズ消しやカークリーナーで落ちないくすみや水垢、シミ・イオンデポジット等を落とすコンパウンド・研磨剤をご紹介
洗車やコーティングの拭き上げや洗車に最適なクロス・タオルをご紹介。プロショップでも使われる本物のマイクロファイバークロスです 内容量が2リットルもある業務用大容量商品をご紹介。鉄粉除去剤やアルカリシャンプー、脱脂剤、高濃度カーシャンプーから選び下さい 雨ジミ・イオンデポジット除去 油膜取り 鉄粉除去 虫・鳥フン除去 ヘッドライトケア 各種コーティング剤施工方法  等カーケア紹介 コーティング剤 カークリーナー 評価 評判 お客様の洗車・コーティング等の施工例をお客様から頂戴した画像・コメントでご紹介
カテゴリー・商品検索/お気に入り商品 (※サイドバー)
洗車お手入れやコーティングの初心者でも熟練者でも大満足のペースト状ポリマーコーティング剤/ナノチューブなら誰でも激艶・激撥水! 車のボディに付いた雨ジミ・水垢・固着汚れを落とし高品質なコーティング被膜を形成。新車時の輝きを復活させるクリーナーコーティング剤
大雨・豪雨や台風から愛車の視界を守る!フロントガラスなど車の窓ガラスの視界改善は安全・安心な運転に直結!プロ用ガラスケアで今スグ 【ガラスの油膜・水垢・ ウロコ取り専用クリーナー】洗車で落ちないガラスの油膜・水垢・ウロコを一撃で除去/最強ガラスクリーナー

車の花粉・シミ・汚れ除去【完全版】花粉汚れ・イオンデポジットを落とす!花粉や雨染み対策と考え方

【保存版】困った春の車汚れ!花粉汚れの対処方法
愛車に花粉が付着した場合の、 対処方法についてご紹介!

車のシミ(イオンデポジット)や水垢、汚れ落とし全般に通じる
考え方&対処方法です
ぜひ、参考にしてください!

まず、花粉がクルマに付着するとどーなるのか?
そして、深刻なダメージの原因となってしまう場合はどんなケースか?

大きく2パターンに分けてご紹介!

花粉が乾いてる場合
ボディの上に載っているだけのサラッサラ状態の花粉。
まだまだ落としやすいので、できれば今のうちに落としたい状態。

車のボディーに付着したスギ花粉
見てるだけで鼻がムズムズ(T_T)
でないと、このまま放置してると…

日差しの熱で塗装(=クリア層)が緩み、 徐々に入り込んでしまう恐れが!


花粉が濡れた場合
ボディに付着した花粉を放置して、さらに雨が降って乾燥すると、、、

こんな「Oh My God!」の状態に!

花粉が濡れると酸性物質を出して塗装のダメージ深刻
花粉やら点状のシミやらで最悪


これは「花粉汚れならでは」 ともいえる現象で…

じつは、花粉は水分を含むと殻が破れて 酸性物質(ペクチン)を出すのです。

さらに悪いことに、、

再び乾く際に、塗装と一緒に収縮して塗装表面に深刻な悪影響が!


クルマの花粉汚れを放置すると深刻なシミに
アップにすると「ひでぇ…」末期的シミ状態


ちなみに、、、

これらを未然に防ぐには、やはりコーティングの効果は大!

特に、繊維系でも防汚性に優れたものや硬化系のコーティングがベター。

もちろん、ほったらかしではダメで定期的な洗車メンテは不可欠ですよ!

あえて、コーティング剤をおすすめするとしたら、、

防汚に優れたスーパーゼウス >
強固な硬化被膜のDアーマー >
新登場グロスフォームコート>
あたりが、個人的におすすめのコーティングです

さて、さて。

じゃあ、このクルマの花粉汚れ。

具体的にはどーしたらいいか?

花粉汚れの対処法
まずはセオリー(鉄則)の確認から!

【ボデイケアのセオリー】
なるべく早く処置すること
&
ボディへの影響の少ないものから試すこと
&
物理的・化学的アプローチを試すこと
&
使用するツールも変えてみること
&
状態と限界を見極めること

これ、プロ・アマ問わず、カーケアの鉄則!

一発で何もかも除去できるモノ、方法なんてありませんからね

では、このセオリーに則って対処例をご紹介しましょう。

1,シャンプー洗車
いうまでもなく、

サラサラ花粉が"載ってる"段階で、なるべく早く洗車するのがベスト!

花粉汚れの対処法まず第一はシャンプー洗車で落とす

※画像で使用中のケミカル&ツール
中性シャンプー/マイルドケアシャンプー
洗車用クロス/ムートンクロス


この段階で対処できてすんなり落ちれば、言うことなし!

洗車後は追加でコーティングして、ボディを保護しておきましょう!

じゃあ、落としきれなかったら!?

2,クリーナー
洗車で落ちなかったということは、
ただ塗装に載っかっている状態でない、ということ。

塗装に入り込みつつあるか、シミになりつつある可能性があります!

こんな時にまず使用したいのが、化学的にアプローチする専用クリーナー。

花粉汚れ落としに最も効果的なのは専用クリーナー
当店のラインナップで言えば、
虫汚れ・鳥ふんクリーナー!

このクリーナーは、タンパク質に浸透作用し、 汚れを化学的に分離除去できる専用品。

もちろん、有機物である花粉にも有効!
汚れの範囲に合わせて部分的にも、シャンプーとして全体的にも使えます。
花粉だけでなく、これから増える、虫・鳥フン対策にも1本あるとベターです。
花粉・虫汚れ・鳥ふんクリーナー >
では、これでも落ちなかったら?
3,花粉の最終局面
これでも、落ちなかった花粉汚れ、そんな場合は、、、
塗装に入り込んでしまっている or酸で塗装表面が侵され、
シミ化している
なんてケースが考えられます。。
ちょっと長くなりますが、順を追って対処方法を説明します
物理的アプローチ
上記の化学的アプローチでも落ちない場合は、、、
今度は物理的要素を絡めたケミカルでアプローチ。
まずは、クリーナー系で行ってみましょう!
範囲が限られてる場合は、コーティングコンディショナー
広範囲な場合は、クイックワンシャンプー
あたりがこの段階でのおすすめ。
化学的アプローチ(虫汚れ・鳥ふんクリーナー)である程度汚れが取れやすくなってれば、これで除去できる可能性も
ただ、くれぐれも、無理にはこすらないように注意してくださいね!
どんなケミカルでも、ゴシゴシこすれば必ず傷がつきます。
汚れは落ちたけどキズだらけ、では意味がないので
使用ツールワンポイント
通常スポンジで施工するものを クロスでやるだけでも除去力はupします。 ウレタンバフよりウールバフの方が 研削力があるのと同じですね。
で、これでもダメだったとしたら、、 花粉・シミが完全に塗装領域に入ってしまっている ということ。 ここまでやってはじめて、、、 最強の物理的アプローチ、 コンパウンドの登場となります。 が! ちょっとここでストップ('◇')ゞ この段階まできたら、、 塗装の状態と自分のニーズにあわせ この先の対処を選択します。 シミ&早く落としたい パッと見で、 「あきらかにシミになってる!」 また、 「一刻も早く綺麗にしたい!」 なら、磨き落としてみるのも一手です。 というか、シミ化が進んでいる場合は ここで落としておかないと… 状態がさらに悪化する可能性も。。((+_+))
落ちない花粉汚れはコンパウンドで磨くのも一手
汚れ・シミの大切な考え方
塗装の表面に載ってるor入りきってないシミや汚れなら、、 【洗車やクリーナーで対処】 完全に塗装領域に入ってしまってる シミや汚れには、、 【コンパウンドで対処】 というのが、基本的考え方です。 ただ残念ながら、見ただけでは判断できないので、、 順番に試すしかないというわけです。 個人的には、なんでもかんでもコンパウンド! というのは、ちょっといただけません((+_+)) 例えれば、薬も試さずに、 いきなり外科手術するようなものなので…
もちろん、コンパウンドを使う際は、 研削力の弱いものから!
極超微粒子ミラーフィニッシュ高濃度極細エクストラカット ※スポンジを濡らして固く絞って使うと  粉を抑えて磨きやすいよ
くれぐれも無理せず、欲をかかず、 限度を見極めながら進めてくださいね♪ あ、終了後はコーティングの再施工を お忘れなく! 花粉&慌ててない 一方、、 「シミにはなってない感じで、 細かな粒状のものが落ちない!」 こんな、塗装に入り込んでしまった (と思われる)花粉の場合はどうするか? 慌ててるなら、上記同様 コンパウンドで対処となるでしょうが… 「あんまり慌ててもない('_')」 そんな場合、どうするかというと… しばらく様子を見る 「様子を見る!?」 …ですよね(^^; こんな時、プロショップさんなら どうするかというと…
塗装に赤外線とかをあてて表面を加熱し、 塗装の応力を利用して塗膜をある程度 復元し、必要があれば磨いて仕上げる
というふうにやっておられるかと。。 つまり、暖めて状態をより良くしてから 適切に対処する、ということ。 これをユーザーが実施可能な 視点で言い換えると、、 日差しがより強くなって塗装を熱し、 膨張して汚れが出てくる(上がってくる)のを待つ。 で、状態に応じシャンプーやクリーナー コンパウンドで仕上げる、と。 つまり、、 しばらく花粉汚れに固執せず、 普通に車を使い様子を見て処置する。 さらに、もっと突っ込んで言うと、、、 普通に洗車したり、お手入れしたりしてると そのうち無くなるor良くなる。(※可能性もある) ということです(#^.^#) これは、特に塗装に入り込んでしまった 花粉には有効な対処法の1つ。 この方法のメリットは、、、
自然の熱と力を利用した方法なので、 ムリヤリ磨き落とすよりもボディに優しい。 さらに、結果的に何らかの処置が必要としても、 ある程度の改善が期待できる。
ということが言えるかと思います。 もちろん、完全に"ほったらかす"のでなく、、 状況の変化に対応できるよう、 洗車の時などにチェックは必要ですよ~('◇')ゞ さてさて。 自分で行う愛車お手入れ・ボディケア は、クルマ次第で状況は千差万別。 自己責任を踏まえつつ、そこに 試行錯誤するのも、楽しみの一つ。 「ケースバイケース」ということも念頭に… 【完全版】花粉・シミ汚れ等の対処方法。 タイムリーなご紹介でしたっ('ω')ノ ではまたっ! 「長くて疲れたぁ~(T_T)」
最新記事一覧
キャンペーン等
本店サイト

ページトップへ