カートの確認 メンバー登録 ・ログイン ご利用案内 お問い合せ 商品レビュー・評価 サイトマップ
RSS

洗車傷(キズ)の隠ぺい/マイクロファイバーでの施工/ダブルアクションでの施工


【質問】 目立つような洗車キズは消せますか?

     現在、平成12年のガンメタのアルテッツァに乗っています。
     洗車傷はかなりついてしまい(カラーワックスで消える程度)、
     太陽光があたると結構目立つ感じになっています。
     御社の商品を施工すると目立たなくなったり消えたりするでしょうか?

【回答】 コンパウンド磨きをおすすめします。

     ワックスは短い期間ではありますが、キズ埋め効果は高いですね。
     現在、本来のキズが一時的に隠れている状態とも考えられます。

     当店のゼウスを施工される場合は、
     下地処理により今施工されているワックスを除去する必要があります。
     この時に確認できる洗車キズが、愛車本来のキズです。

     細かな洗車キズであれば、コーティング「ゼウス」だけでも
     相当目立たなくなると思いますが、
     キズの状態によっては、コンパウンド磨きをされてからコーティングをしないと
     消せない洗車キズかもしれません。

     ワックスのリセット方法は、こちらをご覧になってください。
      https://ameblo.jp/sensya-coating/entry-10391222221.html

     コンパウンド磨きについては、こちらを参考になさってください。
      https://ameblo.jp/sensya-coating/entry-10471633667.html

     コーティングの仕上がりは、下地処理によって大きく変化します。合わせてご検討なさってみてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【質問】 ゼウスマイクロファイバーで施工出来ますか?

     コーティングコンディショナーの使用方法と同様に、
     湿らせ硬く絞ったマイクロファイバータオルにゼウスを数滴つけて拭き上げ、
     その後ドライのタオルで仕上げても問題は無いでしょうか。

【回答】 スポンジでの施工をおすすめします。

     お客さまの施工方法でも、ゼウスの効果は確認できるかと思います。
     非常に作業性が高く、作業時間も大幅に短縮が可能です。
     また、多少ボディーが熱くなった状態でも施工ができると思います。

     しかし、スポンジで塗付した場合とクロスで塗付した場合では、
     スポンジのほうが均一に塗付されます。
     また、クロスの場合は、どうしても繊維にゼウスが吸収されてしまい
     コーティング液が無駄になってしまいます。
     作業性が高くなり塗り伸ばしやすくなりますが、
     実際に定着しているコーティングの量は少なくなってしまうことが想定されます。

     定期的に行うような「洗車後のメンテナンス施工」など、
     作業時間を短くする場合には、大変有効ではないかと思います。
     作業性、施工時間を重視されるのであれば、ゼウスβをご使用されてはいかがでしょうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【質問】 ゼウスコンパウンドはダブルアクションでも施工OK?

     ゼウスを施工したのですが、塗りこむ際にダブルアクションポリシャーで
     施工するともっときれいになりますでしょうか?
     超細目のウレタンバフでポリッシャーしてみようかと思ってます。

     それとミラーフィニッシュエクストラカットも同じくダブルアクションポリッシャーで
     施工を考えてます。それとも、手磨きの方がいいのでしょうか?

     車は202の黒でノアです。
     新車を購入し1年弱ですが、オーロラマークだらけです。
     TTガラスコートを購入時に施工してもらいましたが、奇麗なのは最初だけでした。

【回答】 ダブルアクションでも施工可能です。

     ゼウスの仕上がりについては、塗付方法によっての変化は基本的にはありません。
     手塗り、ダブルアクションポリッシャーともに同じです。
     お車が大きいので、ダブルアクションでの施工は有効かもしれませんね。
     砂埃などがバフにかまないように注意してください。

     コンパウンド磨きについては、手磨きよりダブルアクションポリッシャーで磨いたほうが、
     より洗車キズは除去可能です。また、仕上がり品質も向上すると思います。
     手磨きよりは研磨力も向上し、磨き時間も早くなりますが、
     当然リスクも増えますので、十分に注意なさってください。
     磨きたくない部分(ゴムや樹脂など)は、事前にマスキングをされたほうが安全です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ページトップへ