カートの確認 メンバー登録 ・ログイン ご利用案内 お問い合せ 商品レビュー・評価 サイトマップ
RSS

ガラスコーティング 『W-SHIELD』 の施工 【 SHEILD2編 】


■ W-SHIELDの施工 【 SHIELD2編 】



〔 トップコート SHIELD2の施工 〕




ガラスコーティング W-SHIELD トップコートSHIELD2の施工1

(1) SHIELD1施工後、約2日間普通に乗りながら完全硬化させた状態。ピカピカですが、薄っすら砂埃が積もっています。※1

ガラスコーティング W-SHIELD トップコートSHIELD2の施工2

(2)SHIELD2を施工する前に、水で砂埃を洗い流すとともに濃度の薄いカーシャンプーで軽く洗車します。※2

ガラスコーティング W-SHIELD トップコートSHIELD2の施工3

(3)すすぎ洗いの際に水をかけながらベースコートの撥水状態等を確認し、その後クロスで水滴をしっかり拭き上げてください。※3

ガラスコーティング W-SHIELD トップコートSHIELD2の施工4

(4)付属のマイクロファイバークロスを濡らして固く絞り、トップコートのSHIELD2を適量垂らして、拭き上げて塗布します。※4

ガラスコーティング W-SHIELD トップコートSHIELD2の施工5

(5)画像のようなトランクルーフの場合、4~5滴程度が適量で、強く擦らないようにやさしく塗り伸ばしてください。※5

ガラスコーティング W-SHIELD トップコートSHIELD2の施工6

(6)SHIELD1のように分割施工の必要はありません。パネル毎に進め、最後に乾いたクロスで全体を軽く拭き上げて完成です。





〔 SHIELD2 施工のポイントと注意点 〕



 ※1 ご紹介のように最低乾燥時間以降は車を使いながらベースコートの完全硬化を待つことも
    可能ですが、シミや汚れのリスクが大きくなります。車を使う予定がある場合は、原則として
    最低乾燥時間後にトップコートを施工し、作業を完了されることをおすすめします。

    なお、最低乾燥時間を待たずにトップコートを施工することも不可能ではありませんが、
    ベースコートが十分乾燥していない状態で施工することになるため、強く擦るなどして剥離
    させないように十分注意してください。またこの場合、艶・撥水・耐久がレベルダウンしたり
    雨ジミが発生した場合に除去しにくくなる場合もありますのでご注意ください。

     >>> ベースコート SHIELD1 の最低乾燥時間と硬化について確認

 ※2 ベースコートの乾燥・硬化時間中に砂埃等の汚れが付着した場合は、その程度に応じて
    水洗車や軽くシャンプー洗車を行ってください。そのままトップコートを施工しますとキズの
    原因となりますのでご注意ください。

 ※3 すすぎ洗い後の水滴はきれいに拭き切ってください。ベースコートの硬化が不十分な場合、
    シミの原因となりますのでご注意ください。

 ※4 SHIELD2はよく振ってからご使用ください。また、使用量が多いと稀にムラになる場合が
    ありますが、濡らして軽く絞ったクロスで該当箇所をやさしく拭き上げると解消されます。

 ※5 全体の使用量は、モデル車両(BMW3シリーズ)クラスで15ml程度となります。
    施工後は定期的にメンテナンスにお使いください。(参照:基本メンテナンスについて



>>> [ W-SHIELDの施工とメンテナンス ] に戻る



ページトップへ