カートの確認 メンバー登録 ・ログイン ご利用案内 お問い合せ 商品レビュー・評価 サイトマップ
RSS

ガラスコーティング 『W-SHIELD』 の施工 【メンテナンス編1】


■ W-SHIELDの施工 【 メンテナンス編1 】



 ■ 【 定期的に実施する 】 基本メンテナンス




〔 メンテナンスの Before&After 〕



ガラスコーティング W-SHIELD 基本メンテナンス前のBMW3シリーズ




 
ガラスコーティング W-SHIELD 基本メンテナンス後のBMW3シリーズ
画像をクリックすると拡大します



〔 対象車両の状況 〕


    《 メンテナンス対象車両の状況 》

       W-SHIELD施工〔〕後、高速を主体に2000km程走行し、約3週間経過した状態。
       終日青空駐車で、その間の天候については半分は雨(警報レベルの雨も3日間あり)という
       最悪のコンディション。さすがに、黄砂も含めて汚れが目立ってきたのでメンテナンスを実施。
         〔 ベースコートの最低乾燥時間(約20℃で約6時間)後にトップコートを施工し完了 〕




〔 メンテナンスの実施 〕




ガラスコーティング W-SHIELD 基本メンテナンス中のBMW3シリーズ1

(1)まず水をかけて汚れを落とします。黄砂で汚れていますが、この見事な撥水をご覧ください。(上部左up画像参照)

ガラスコーティング W-SHIELD 基本メンテナンス中のBMW3シリーズ2

(2)汚れの状態に応じてカーシャンプーも使いますが、今回はあえて水洗車をしました。洗車スポンジで優しく洗います。※1

ガラスコーティング W-SHIELD 基本メンテナンス中のBMW3シリーズ3

(3)マイクロファイバークロスで水滴をしっかり拭き上げます。水滴の放置はシミの原因等になりますのでご注意ください。※2

ガラスコーティング W-SHIELD 基本メンテナンス中のBMW3シリーズ4

(4)今回は水洗車だけですが、この艶と輝き!気になるシミや汚れ等がなければ、続いてトップコートの補強を行います。※3

ガラスコーティング W-SHIELD 基本メンテナンス中のBMW3シリーズ7

(5)マイクロファイバークロスを濡らして固く絞り、トップコートのSHIELD2を適量垂らし、やさしく拭き上げて塗布します。※4

ガラスコーティング W-SHIELD 基本メンテナンス中のBMW3シリーズ6

(6)パネル毎に塗布を進めていき、最後に乾いたクロスで全体を軽く拭き上げて完成です。(上部右up画像と下部の拡大画像)




 ※1 ご紹介の画像ではモデル施工のため水洗車を選択していますが、汚れの程度がよほど
    軽い場合以外は不測のキズを防ぐためにも、原則として当店のパーフェクトシャンプー
    を使用したシャンプー洗車をおすすめします。

 ※2 パーフェクトシャンプー等を使った通常のシャンプー洗車で落ちない汚れには、アルカリ
    シャンプー(スーパークリンシャンプー)をお使いください。

 ※3 この段階で気になる汚れやシミが残っていて対処される場合は、
    【メンテナンス編2】 〔W-SHIELD 軽度なシミ・汚れのメンテナンス〕をご参照ください。

 ※4 W-SHIELDのメンテナンスにおけるトップコート SHIELD2 の施工については、
    【SHIELD2編】 〔トップコート SHIELD2の施工〕に準じますので、ご参照ください。







ガラスコーティング W-SHIELD 基本メンテナンス後のBMW3シリーズ鏡面状態2
【水洗車と基本メンテナンスで仕上げたボンネット部分。驚くべき艶と輝きにご注目ください!】


>>> [ W-SHIELDの施工とメンテナンス ] に戻る



ページトップへ