カートの確認 メンバー登録 ・ログイン ご利用案内 お問い合せ 商品レビュー・評価 サイトマップ
RSS

ガラス繊維系と硬化系どちらがいい…/艶・光沢に優れるコーティング剤/硬化系コーティング後のメンテナンスコート


【質問】 走行距離の少ない車に最適な艶・光沢に優れたコーティング剤
     
     2年前にフェラーリ360を購入しました。
     雨の日は乗りませんし当然冬期間も乗りません、年間1000K程度の走行距離です。
     
     車庫保管なので汚れることはありませんが、ピカピカで艶のある状態に常にしておきたいです。
     そこで貴社のコーティング剤で一番艶のある光沢に特に特化したコーティング剤は、
     どれにあたるのでしょうか?是非お奨めを教えください。。。
     
【回答】 イージスゼウスのWコーティングが最適です。
     
     艶、光沢に特化したコーティング剤とのことであれば、、
     重厚なツヤ、質感に優れる「ゼウス」がおすすです。
     
     ゼウスを施工される前に、下地コーティングとして「イージス」を施工されると、
     さらに光沢も増す仕上りになります。
     単独施工なら「ゼウス」、Wコーティングなら「イージス」+「ゼウス」です。
     
     こちらは、イージスゼウスβの施工ブログです。ぜひ、参考になさってください。
            ↓ ↓ ↓
     https://ameblo.jp/sensya-coating/entry-10563844551.html
     ゼウスβの代わりにゼウスを施工すると、さらに仕上り品質が向上します。

     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【質問】 ゼウスW-SHIELDどちらか迷って…
     
     !初めて商品を購入しようと思うのですが、
     ゼウスW-SHIELDのどちらの方が仕上がりが良いのでしょうか?
     また施工後のメンテナンスは、どちらの商品の方がやりやすいのでしょうか?
     
【回答】 洗車スタイルに合わせて選択されても良いと思います。
     
     ゼウスW-SHIELDの仕上りは、それぞれ非常に優れます。
     どちらが良いかは、お客様の好みにもよりますので、なんともお答えができませんが、、、
     感覚的な部分でお伝えしますと…
     ・ゼウスはしっとり重厚な艶品質。
     ・W-SHIELDはシャープな被膜感。といった感じでしょうか。
     
     ゼウスはガラス繊維系コーティング、W-SHIELDは硬化系コーティングとガラス
     繊維コーティングを組み合わせたタイプになります。
     
     施工後のメンテナンス性能につきましては、
     ふだんの洗車メンテナンスはW-SHIELDが優れます。
     また耐久性においてもW-SHIELDが優れます。
     ただし、コーティングになんらかのダメージがあった場合のリカバリーは、
     ゼウスの方がリカバリーしやすいです。
     
     コーティングのタイプが違いますので、一概にどちらが優れるという判断は難しいです。
     ゼウスはさまざまな点において、非常にバランスのとれた柔軟性の高いコーティング剤
     です。W-SHIELDはさらに耐久性などに優れますが、その分、ゼウスに比べてメンテ
     ナンスなどの制約があります。
     
     ぜひ、十分にご検討いただき、
     お客さまのスタイルにあったコーティング剤を選択なさってください。
     
     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【質問】 W-SHIELD後のメンテコーティング施工
     
     『 W-SHIELD 』早速施工させていただき大変満足しております。
     質問なのですが、ゼウスを施工したままW-SHIELDのトップコートを施工すること
     は多少の効果はありますでしょうか。また、何か不具合等は発生しますでしょうか?
     
【回答】 ガラス繊維系コート剤はメンテナンスコートにも最適です。
     
     W-SHIELD施工後、ゼウスを施工した上に、さらにトップコート(シールド2)
     を施工することは可能です。全く問題ありません。
     ゼウスの深い艶・光沢に付け加えて、撥水効果が高まると思われます。
     ぜひ、施工なさってください。
     
     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ページトップへ