カートの確認 メンバー登録 ・ログイン ご利用案内 お問い合せ 商品レビュー・評価 サイトマップ
RSS

黒ボディーのイオンデポジットを落とす洗車/硬化系コーティング(W-SHIELD)後にプレクサスを使用/ガラスのウロコ除去、ガラス撥水加工の施工タイミング



  【質問】 コンディショナーでイオンデポジットを落とすには…

     黒のボディなので洗車には、気をつけていたつもりが…。
     多数のイオンデポジットを発生させてしまいました。

     コーティングコンディショナーを使った場合、
     この商品一つだけで洗車終了しても良いのですか?

     また、日頃の洗車時に毎回使用する事ができるのでしょうか?
     それとも、その他に使用する商品があるのですか?

  【回答】 洗車の仕上げにご使用ください。

     コーティングコンディショナーは、洗車の仕上げにご使用いただく商品です。
     シャンプー洗車+コンディショナーを使った拭き上げだけで大丈夫です。

     洗車のたびにご使用いただくと、愛車を理想的な状態で維持することができます。
     水滴を拭き上げる際に、シミのように見えるものを拭き取るようなイメージです。

     さらに、艶や光沢、防汚性能を高めるには、コーティングが有効です。
     コンディショナーで整えられたボディーに、ゼウスゼウスβを数ヶ月に一度
     施工されると、より良い状態で管理することができます。


  【質問】 W-SHIELDの施工後、プレクサスは使用可能ですか?

     先日、W-SHIELD等を注文させていただきました。

     質問ですが、W-SHIELDのコーティング処理をした後に、
     プレクサス(スプレー式)を補助的に使用することは可能ですか?
     基本的にはトップコートの『SHIELD2』で十分なんでしょうが...

     メーカーサイトQ&Aでは、基本的に問題が無いと書かれていました。

  【回答】 まず、目立たない部分で十分にご確認ください。

     まず、W-SHIELDは、HPやブログでもご紹介していますとおり、
     タイプの異なる2種類のコーティング液で、被膜を完成させる特殊なコーティング剤です。
     一旦、コーティング被膜を完成させたあとも、シールド2のかんたんな施工のみで、
     コーティングメンテナンスができるように設計されています。
     シールド2によるメンテナンスを、まず基本となさってください。

     プレクサスですが、、スプレー缶に入っていること、そして、汚れをかんたんに落とす
     ことができるという点からも、石油系溶剤が多く含まれている製品だと思います。
     W-SHIELDの被膜に使用した場合、溶剤の種類や、物理的な汚れの除去性能によっては、
     ベース被膜(シールド1)にダメージを与える可能性も考えられます。
     施工される場合は、目立たない部分にやさしく施工してみて、
     十分に経過を確認してから、全体への施工を検討なさってください。


  【質問】 ガラスの作業は、どのタイミングで行ったらいいですか?

     お世話になります!
     窓ガラス(フロント、サイド、リア)にガラスコーティング(リフレッシャー含)
     の施工タイミングがいまいちわかりません。

     鉄粉パーフェクトSコンディショナーゼウスβ とするならば
     どこで、ガラスの施工をすればいいですか?
     最初?中間?最後? 流しが入るので悩んでます(´・_・`)

  【回答】 汚れを落としたあとで洗車、乾燥してからコーティングが効率的です。

     ウィンドウガラスの油膜・ウロコ除去作業は、
     ガラスリフレッシャーで強く磨く作業になりますので、
     まず、ガラス上の砂ぼこりなど、キズの原因となる汚れが落ちていることが大切です。

     はじめにガラス面だけでも、、パーフェクトシャンプーで洗ってから、
     ガラスの下地処理をされてはどうかと思います。

     ガラス面を洗い流し、シミや汚れが除去されていることを確認してから、
     ボディー全体を洗浄されると良いと思います。

     ガラス面のコーティングは、ガラスが完全に乾燥した状態での施工が理想的です。
     コンディショナーゼウスβを、施工された後でも良いと思います。
     以上です。参考にして施工なさってください。


ページトップへ