カートの確認 メンバー登録 ・ログイン ご利用案内 お問い合せ 商品レビュー・評価 サイトマップ
RSS

■硬化コーティング〔D・アーマー〕の施工に関して■ D・アーマーの車のキズ消し効果は?/コーティング施工に水垢のような垂れ跡が/ガラスコーティング〔W-SHIELD〕施工車への重ね塗りは可能?


    >>> 【 D・アーマーの洗車キズ消し効果について 】
    >>> 【 D・アーマー施工後に水の垂れた跡が・・・ 】
    >>> 【 W-SHIELDの上にD・アーマーの重ね塗りは可能? 】



 【質問】 硬化コーティング D・アーマーのキズ消し効果は?

         当方、新車にて購入後1年が過ぎ、次第に洗車キズが目立つようになってきました。

         D・アーマーを施工するに当たり、
         コンパウンド磨き(エクストラカットミラーフィニッシュ)をして洗車キズを消してから、
         D・アーマーをしたほうが良いのでしょうか?

         D・アーマーの洗車キズ隠し効果はどの程度なんでしょうか?
         私は洗車初心者でコンパウンドをかけたことが無いので、少々不安になっています。
         お忙しいとは思いますが、ご教授願います。


 【回答】 コンパウンドでキズを消してからD・アーマーが理想的!

         D・アーマーについて、お答えさせていただきます。
         硬化系コーティングの中でも、D・アーマーは無溶剤タイプですので、、
         形成される被膜は高密度になりますので、キズ消し効果は高いです。

         しかしながら、
         ほとんどの洗車キズはコーティングで隠すことができないのが現実です。
         コーティングでは埋めきれない深さのためです。

         お客さまがおっしゃるように、、
         コンパウンドでの研磨をして洗車キズを消してから、
         D・アーマーを施工される方法が、もっとも良いです。

         コンパウンド磨きに不安もあるでしょうが、、
         実際にやってみると、手間はかかりますが決して難しくはありません!
         ぜひ、チャレンジしてみてください。

         磨きのポイントは、パネル毎に仕上げることです。
         まず、キズ消し用コンパウンド エクストラカットで30cm四方ずつ磨き、
         そのまま1パネルの範囲まで丁寧に磨きあげます。

         そして、そのパネルを鏡面仕上げ用コンパウンド ミラーフィニッシュで完全に仕上げてから、
         次のパネルのエクストラカット磨きを開始されると良いです。
         一日で全てを磨ききる必要はありません。何回かに分けても良いと思います。

         テクニックブログでも、磨きのポイントを公開していますので、、
         ぜひ、参考になさってください。


             >>> コンパウンドで磨きのポイント解説 【公式ブログ・テクニック情報】


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  【質問】 硬化コーティング D・アーマー施工後に水が垂れたような跡が…

         3日前にD・アーマーをマツダ・ロードスターに施工しました。

         鉄粉除去ネンドハイパーネンダー洗車ののち、コーティングコンディショナー
         その後スーパークリンシャンプーで洗車。
         今回はシリコンオフを使用せず、コーティングを施工しました。

         今朝気が付いたのですが、ボディー表面に、水が流れたようなシミが出来ていました。
         現在確認できているのは、左右リヤフェンダーおよび、リヤバンパーです。
         コーティング施工後、マイクロファイバータオルで、仕上げ拭き(2度拭き)してあるので、
         コーティング剤が流れているとは想像しにくいのですが、
         このような現象は今までに出ているのでしょうか。

         乾燥中に揮発した何かの成分でしょうか。
         拭き上げしたらシミは消えそうな感じもします。


  【回答】 クロスに水を含ませて拭いてください。

         まず、水が流れたようなボディーのシミについて、、
         お答えさせていただきます。 考えられる点は、2つあります。

         その1.
           D・アーマー施工後、、ボディーの細部や給油、トランク部分などに
           たまった洗車時の水が、硬化途中で垂れたことによるシミです。

           このシミは、水を含ませたマイクロファイバータオルでやさしくこすれば
           落とせると思います。

         その2.
           下地を作られる際に残った油脂分、またはスーパークリンシャンプー
           洗車をされた際に、分解した汚れが塗装に固着してしまった!

           この場合は、コーティングコンディショナーでしっかり除去し、、
           再度、その部分だけをコーティング施工していただければ解決できます。

         コーティングの塗付、拭き上げ時には、シミが確認できなかった
         ということからしますと、、硬化途中の水分ではないかと思います。
         丁寧に拭き上げていただき、対応してください。
         気になるようであれば、その部分だけ再度コーティングを塗付されても良いと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  【質問】 ガラスコーティング W-SHIELD施工車へのD・アーマーの重ね塗りは?

         現在、W-SHIELDを施工済みです。
         メンテナンスはトップコートにシールド2または、繊維コーティングのゼウスを使用しております。

         今回、D・アーマーを施工したいと考えております。
         下地処理は、パーフェクトシャンプーシリコンオフ後、D・アーマー施工で
         よろしいでしょうか?

         W-SHIELD施工済み車へのD・アーマー施工方法詳細をおしえてください。
         W-SHIELD上層にD・アーマーを施工してより強靭な皮膜を形成できるのでしょうか。


  【回答】 コーティングの表面を整えて施工しましょう。

         基本的には、W-SHIELDの被膜を一度リセットしていただいてから、
         D・アーマーを施工していただくのが、当店の推奨になります。

         W-SHIELDの被膜を残した状態で施工される場合は、、
         コーティング表面をスーパークリンシャンプーシリコンオフで整えてください。
         シールド1の被膜は残り、シールド2のフッ素・シリコン成分のみが脱脂された
         状態になります。D・アーマーの被膜定着に影響はございません。


ページトップへ